【美容】お肌にあせもダメージを残さないために!

汗ダクの毎日が続いています。

ちょっとそこまでの短時間の外出でもTシャツが背中に張り付く、太もも裏に汗が流れるなど汗が気になるところは人によってさまざまです。

今年は例年以上に、”あせも”に悩まれる方が多いように感じます。

あせもって子供時代のできるものと思われる方もいますが、電車内で私が周りを見渡すに大人も悩む方が少なくないように思います。

くびの後ろ、肘の内側、膝の後ろ、脚の付け根、意外と多いのがお尻の割れ目のすぐ上(仙骨周り)やブラジャーのカップが触れるところに、赤くプツプツといた湿疹ができやすいといわれています。

くびや膝、脚の付け根、お尻といった目の届きにくい場所であるので、汗ばんでかゆくなってしまったら無意識にかいてしまって、なかなか治らない悪循環に陥る方も多いのではないでしょうか。

まだまだ、夏の装い続きますから、あきらめないで ”あせも”対策始めましょう!

1番は、汗をかいたらこまめに着替えて、服の通気性を上げることですが、なかなかマメに着替えることができなかったりもします。

まずは、掻かないこと!! お爪は短め 爪切りの最後は、ヤスリで整えてなめらかにしておきましょう。 

汗を拭くときは、清潔なタオルで汗をやさしく吸わすように拭き取ることが大切です。

あせもができている周囲のお肌も敏感になっています。スーーーっと爽快感のあるボディペーパーは、内容成分によりお肌に刺激となりかゆみが増す場合がありますので注意してご使用ください。

ゴシゴシとこすっての拭き取りもオススメできません。かゆみ倍増します。

次に入浴・シャワーでのポイントを説明します。

お湯はぬるめ、シャワーの水圧も弱め、カラダはよく泡立てたボディソープでやさしく手で洗ってください。敏感肌用のボディソープもおススメです。ゴシゴシ洗うと皮脂が落ちすぎて、お肌が余計に乾燥し治りを遅らせます。

お風呂から上がったら、低刺激の化粧水とクリームで保湿します。

夏場は、お風呂上がりのボディケアしにくいというお声もありますが、サッパリ系のボディミルクや冬場お使いのボディクリームに化粧水を混ぜて使いやすくしていただくとしていただきやすいかなと思います。

睡眠中に皆さん、コップ1杯程度の汗をかくので、快適な室温を保って就寝することも忘れないでください。

 

人間のカラダにとって、お肌は外を覆う袋のようなもの。

お肌のどこかにダメージを受けると、お肌自体がダメージ修復のために黒くダメージの負けない硬いお肌でカラダを守ろうとします。

”あせも”もダメージ。

早く治して、お悩み解消しましょう!!

 

関連記事

プロフィール

川岸桃子プロフィール

女性専用鍼灸サロンwithYou代表の川岸 桃子です。
女性鍼灸師による、女性のためのプライベート鍼灸院です。
ご予約の時間には、あなただけのサロンとなります。
ホルモンバランスを整えるアロマの香りに包まれた施術室で、ゆったりとお過ごしいただけます。続き

withYou店舗情報

〒590-0972 堺市堺区竜神橋町1丁6−2 グレースサカイ301   072-220-5751   【営業時間】10:00~22:00 【地図】

営業日カレンダー

カテゴリー

ページ上部へ戻る